トレッキングの朝

昨夜の夕食の余韻が少し残りながら、早朝、真っ暗な時間に起き出し、出発のためのパッキングを開始。本日のウェア、食料、そして飲料。ルーティンのように積み重ねていくけど、いつも何か忘れてしまう。

迎えのスタッフと共に早朝の空港へ。大勢の搭乗客や地元に帰るネパール人ですでにごった返している。我先に搭乗カウンターへ向かい、荷物検査、あ~今回は一度で運べるか?すでに300㎏を優に超えてしまった。朝日を浴びながら滑走路なめるように進み、いよいよエンジンが震えだす。軋むほどの音とともに、走り出し、飛び上がった!カトマンズの件層ともしばらくお別れ、そして雲の中へ飛び上がりあっという間に雲上へ。見えてきました、ヒマラヤ連山。マナスル3山、ガネッシュヒマール、ランタン山群、プルビチャチュ、あそこはチベット国境、ガウリシャンカール、メンルンツェ。ジオラマのような山並みとそれにつづれ織りとなるいくつかの道路、谷間、川、家並みを真下に見ながらやがて狭い谷間に降り立ち始める。ついに見えたルクラ空港。まっすぐに、そして少し急激に降り立つフライト。ちょっとびくびくしながらいつもランディング。ここは2800m、右に見える山並みはカーロヒマール、正面にはカリヨン。

キ~ンとしたルクラの朝早い中に降り立つと、毛穴まで引き締まる。なつかしいスタッフや友人たちに挨拶して朝食を食べにレストランへ。暖かいミルクティーと焼き立てパン、スクランブルエッグは最高の朝食です。

スタッフもそろった、荷物も全部到着、朝食も終えて、いよいよトレッキング開始。さあ、ヒマラヤの奥座敷へいざ出発!

ルクラ空港

関連記事

  1. 日本人とチベット人の起源に共通のDNA

  2. 東京屈指のパワースポット

  3. コロナ禍からのネパール

  4. ネパール到着で感じること

  5. コロナ禍で考えた長い時間

PAGE TOP