東京屈指のパワースポット

今年も終わりに近づいてきました。

長引くコロナ禍で時間の感覚がおかしくなってしまい、いつもより年末を迎えるのが早いと感じています。

来年こそはコロナ収束を願って、東京の最強パワースポットと言われることもある「小網神社」を訪れました。

ひっそりとした佇まいですが、参拝客の行列ができているので、場所はすぐに見つけられると思います。人形町の駅から徒歩5分程度です。

御由緒は・・・西暦1466年、悪性の病が流行するなか、網師の男の人が海上で網にかかった稲穂を持って現れました。網師の男を稲荷大神と崇めれば、村の悪疫は消滅するとお告げがありました。村では網師の男を小網稲荷大明神と称え、神社を創建して日夜お祈りをつづけたところ、間もなく村の悪疫は鎮まりました。

御由緒から「強運厄除の神さま」として崇められています。

第二次世界大戦の際、神社のお守りを受けた兵士が全員生還されたという話は、まさに強運厄除の神様だと確信させてくれます。

今年の締めくくりにパワーをいただきました。

皆さまの願いが叶いますように。

関連記事

  1. コロナ禍で考えた長い時間

  2. 日本人とチベット人の起源に共通のDNA

  3. ネパール到着で感じること

PAGE TOP